×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

SKULL JEANS(スカルジーンズ) 5507XX 第一回 

穿きこみ期間 0日
洗濯回数 0回

次のターゲットはこれです。
この他にサムライジーンズ、ウエアハウス、ダルチザン等が候補としてあがっていた
のですが、最終的にスカルジーンズ5507XXに決定しました。

さて、スカルジーンズには代表的な2つの生地がありますよね。

1つは最高峰モデルと位置づけられている5000XX等にみられる
経・緯糸共に6番を使用した通称「6×6」(防縮と未防縮あり)という生地。

もう1つはこの5507XXや5508XX,5010XX(それぞれ6×6を用いた生地もあります)
に使われている「テキサスセブン」という生地。

僕は以前に紹介したように5000XXの色落ちサンプルを持っています。
その「6×6」の生地を用いた5000XXとの出会いは衝撃的なものでした。
そのジーンズはスカルジーンズのレベルの高さを僕に教えてくれ
また、その後のスカルジーンズの動向に注目するきっかけとなった1本でもありました。

「6×6」は素晴らしい。
じゃあ、「テキサスセブン」はどうなの?
って事なんです。

非常に単純な理由ですが、5507XXをこれから穿きこみます(笑)


5507XXは公式サイトによると、トラディショナル・スリム・ストレートという位置付けでラインナップされています。
股上はやや浅め。ワタリは非常にタイトで太ももに吸い付く感じ、そして裾にかけてテーパードしています。
「シルエットの良さ」を1つのテーマとして掲げているスカルジーンズだけあって、綺麗に脚のラインがでます。

あと特筆すべき点は、この生地は「防縮加工」が施されているという事ですかね。
これはおそらくシルエットを壊さない為だと思います。
実際「シュリンク・トゥ・フィット」が採用されているのは5000XX等ごく少数ですし。
シルエットに拘るスカルジーンズならではだと思います。


でも、穿いた感想を正直に言わせてもらうと「シュリンク・トゥ・フィット」との違いが分かりません(笑)
どないやねんって感じですが。
洗濯すれば縮みますし、穿いていけば当然伸びてきます。
実際スカルジーンズさんに問い合わせたところ「防縮加工」が施されていても
洗濯後3〜4%の縮みが発生するそうですよ。(未防縮は5〜6%)

なんと・・・ジッパーフライです。
今までボタンフライに慣れていたので最初は違和感がありました。
効率的に考えるとボタンフライのように1つ1つボタンを閉めていくより、ジッパーで一気に閉開できたほうが楽なのですが。
まぁ、じき慣れると思います。
でも、個人的にはやはりジッパーフライよりボタンフライのほうが好きですね。
ちなみにこの部分は購入する際に悩んだ点でもあります。

今までスカルジーンズはロック色が強いので敬遠していたのですが、
身につけてみると意外にも意外。すんなりと自分のスタイルに溶け込んでくれました。
これからどのような変化を見せてくれるのか非常に楽しみです。

このジーンズはメリハリのきいた色落ちに育てようと思っているので、洗濯頻度は抑えていきます。
では、また!!