×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

Denime(ドゥニーム) XXモデル

Denime(ドゥニーム)XXモデルの紹介です。
もはやこのジーンズについての説明は不要でしょう。
レプリカジーンズ界のキングです。

ドゥニームのXXモデルをここまで穿きこむと、そりゃ貫禄でますよね。
ヒゲの延長線、そしてヒザ付近は見事にクラッシュしています。
一体何年ぐらい穿きこんだらこんな感じになるのでしょうか。おそらく3〜4年はひたすら穿きこまないとこの風合いはでないと思います。

これは左ヒザを裏から見た画像です。
見て分かるとおりバックポケットを裏側からあててタタいてあります。このような使い方もあるんですね。
これは完全に縫い付けてあるのですが、縫い付け方法を考えれば隠しポケットとしても使えそうです。
未成年の方はここにタバコを隠すのもアリでしょう。(冗談です。タバコは20歳まで我慢して下さい。)

革パッチは半分取れかかっていたので布用ボンドで簡単に補修しています。
しかし最近になってまたベロンベロンになってきました。また補修しとくかな・・・。

今回はクラッシュ系が好きな方にはたまらなかったのではないでしょうか。
僕がジーンズを穿きこむ場合は、そのジーンズが6〜7割程度色が落ちた時点で穿き込み終了するんです。
したがって、こんなボロボロになるまで穿きこんだ事って今まで一度もないんですよね。
でも今回紹介したこのジーンズを見ていると「あぁ、これがジーンズの本来の姿なんだな。」と思ってしまうんです。

自分の気に入ったジーンズを選ぶ。
そして、愛着を持ってひたすら穿き続ける。

当たり前、しかし大切なこと。それが、このジーンズには凝縮されていると思います。

07/4/15